BIGLOBE SIMの通信速度を他社と徹底比較

BIGLOBE LTEのユニークポイント

格安SIMや格安スマホサービスがあるBIGLOBE SIMは、MVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。なんと月々わずか900円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。docomo回線を利用しているBIGLOBE LTEは、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。エンタメフリーというのがBiGLOBE LTEオリジナルのサービスです。これが素晴らしいんです!Apple Music、Spotify、YouTube、AbemaTVといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信量をほとんど消費せずに使えるというもの!というわけで、今回は、BIGLOBE SIMの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。BIGLOBE SIMに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線を使った格安SIM・格安スマホ

スマホサービスであるBIGLOBEさんのBIGLOBE LTE回線では、ドコモ回線を使用しています。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、サービスエリアもNTTドコモと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。お切り替えは、ドコモのスマホをお使いであれば、ほとんどの機種がそのままBIGLOBE LTEでお使いいただけます。また、端末はドコモから買わなくてはならない訳ではなく、BIGLOBE LTEからSIMフリースマホセットで購入することもできます。docomoのスマホを利用している方であれば、SIMカードを契約するだけで使うことができますので、新しく端末を購入せずに利用できるようになります。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それがBIGLOBE LTEの格安スマートフォンサービスです。

格安スマホがありすぎて困る

BIGLOBE LTEにしようと思っている人で、今使っているスマホがBIGLOBE LTEでは使えない機種だった時は、スマートフォン自体を購入する必要があります。BIGLOBE LTEで取り扱っているスマートフォンは、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。スマートフォンでは画面が小さいという方も,BIGLOBE LTEではたくさんの種類のタブレットやSIMフリールーターも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。

高速通信量の翌月繰越しに対応

契約プランによって、使用できるデータ通信量はかわりますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。このような時、BIGLOBE LTEなら、次の月に繰り越して使うことができるので、無駄なくお得です。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、この様なサービスを提供しているBIGLOBE LTEは、メリットが大きいサービスであるといえます。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

通話料がおトクになる、BIGLOBEでんわ

BIGLOBEでんわは、通常の通話料が半額になるため、電話代がお安くできるサービスです。IP電話と違い、このプレフィクス型電話サービスは、発信元の番号がちゃんと相手方に通知されます。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話利用時は非通知発信または050から始まる電話番号が相手に通知されるので、着信拒否されたりすることもあったと思いますが、このプレフィックス型のBIGLOBEでんわではそのような心配はありません。

3分カケホーダイとは?

NTTドコモ、Softbank、auなどの大手携帯キャリアでは、それぞれが通話し放題プランを提供していますが、多くのMVNOにはそのようなカケホーダイプランがないのが実情です。大手携帯キャリアと比較して月額料金が安いことがMVNOのメリットですが、その一方で通話料金が割高なのではといった心配の声に応えるように、新たなサービスが開始されました。BIGLOBE LTEに新しいサービス、月額650円で、国内通話であれば、始めの3分間が無料で何度でも通話できるが登場が出ました。この3分かけ放題は、BIGLOBEでんわと同等の回線を利用する為、BIGLOBEでんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、今までと同じように普段電話をかけるのと全く変わらずに通話し放題になるのは、他に類を見ない大きな特徴です。BIGLOBEでんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいでありましょう。

1,200円分の無料通話付き!?「通話パック60」がお得!

BIGLOBE SIMでは、3分かけ放題とは別に同料金で、「通話パック60」といった通話オプションが用意されています。このサービスは月額650円で1200円分がついてくるというお得感満載のオプションなんです。通話を3分以上することがない!という方の場合は、3分かけ放題が大変オススメなのですが、たまに少し長くなってしまうことがある方なら、通話パック60の方がお薦めです。このようなサービスはいろんなものがあるので、使いやすいサービスやオプションを探して下さい。

最初のひと月は無料

格安スマホや格安SIMの契約をしたい人は、BIGLOBE SIMにすれば、 初月の月額料金が無料になります。「初めの1カ月」が指すのは、SIMカードが到着した日が属する月です。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、月初めに届くことを逆算し、契約される事が、必ずしもお得になるとは限りません。よく計算してみてくださいね。

回線速度について

BIGLOBE SIMの通信サービスは、docomoと同じ375Mbpsのスピードを利用としたサービスを行なっています。通信スピードについては、docomoの回線なら、安心の速度と信頼できますね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、BIGLOBE SIMの最大の魅力ですね!これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

BIGLOBE SIMの72時間制限について

MVNOすべてで共通ですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されました。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、決められた容量を超過したユーザーに対して、今までは速度が制限されていましたが、2016年より直近3日間での通信制限が撤廃されたのです。つまり、BIGLOBE SIMのSIMでは、重いファイルをダウンロードしたとしても、3日制限の心配をする必要はなくなった事により、かなり使いやすくなりました!

BIGLOBEの格安スマホの料金プランに関して

BIGLOBE SIMのご利用料金についてご紹介していきます。料金を月額で比較しつつ、どれほど安く抑える事が出来るか確認してみて下さい。では、BIGLOBE LTEのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

料金プラン

BIGLOBE LTEの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ通信専用SIMの料金は、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である262.5mbpsまでつかえるプランとなります。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

解約手数料について

BIGLOBE LTEの最低利用期間と違約金に関して、解説していきます。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。そのため何らかの理由で、一年経っていないのに解約を申込みますと、サービス契約解除料金8,000円がかかってしまいます。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、決められた期間内さえ過ぎれば、お好きなタイミングで違約金を払わず解約できるのは有難いです。

終了間近のキャンペーン