楽天モバイルの回線速度や特徴、評判などまとめてみました

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの回線網は、docomoの225Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので通信速度の信頼性はいうまでもないです。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、何よりも楽天モバイルを使うメリットですよね。これからのモバイルは格安スマホ、MVNOといったサービスが時代の主役になりそうですね。

楽天モバイルの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいておりました。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、規定の通信量を超えた利用者には、200Kbpsの速度規制が行われていたのですが、3日制限が撤廃されたのです!つまり、楽天モバイルでは、動画を観ても、72時間制限のことを考える必要はありませんので、ご安心を!

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。docomo回線を利用している楽天モバイルは、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。また、楽天モバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、契約が続く限り楽天市場でのショッピング時にもらえるポイントが2倍になるのです。実に充実したサービスぶりですね。早速で恐縮ですが、楽天モバイルの評判から速度まで、まとめてみました。楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安SIM・格安スマホ!

楽天モバイルのサービスは、ドコモの回線を利用したものです。ですから通話品質はドコモと同じで、通話可能なエリアもdocomoと同じなので、ほとんどの場所で問題なく電話がつながります。楽天モバイルではdocomoのスマホならほとんどの機種が利用できるようになっています。楽天モバイルがお勧めするスマホをセットで買って使うということも、当然可能です。すでにNTTドコモのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約で楽天モバイルの利用を開始できますので、新規にスマートフォンを購入せずに済むので、大変魅力的ですよね。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それが楽天モバイルの格安スマートフォンサービスです。

セット端末が選択肢豊富すぎる

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。また、スマホだけでなくタブレットも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。しかし、種類の豊富さはMVNOの中でも一番です。

データ通信量の翌月繰越

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、データを全く使わない月もないわけではないでしょう。楽天モバイルなら、使いきれずに余ったデータ容量を次の月に繰り越すことが可能なのです。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、データ通信量の繰り越しができるのは、楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話料が半額で済む、楽天でんわ

楽天モバイルでのサービス「楽天でんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。このサービスは、電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信するだけの「プレフィックス型」と呼ばれるもので、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。また、楽天でんわを使用した場合の通話料でも、楽天市場などグループ内の様々な所で利用できる「楽天ポイント」も貯まります。通話料が半額だけでなく、通話するだけでポイントをゲットできるなんて魅力的ですよね?まだまだ通話のオトクなサービスがあります。

5分かけ放題とは?

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、格安MVNOのほとんどが、通話し放題プランを設定していません。MVNOは使いたいけれど、通話をすることが多いから通話料が高くなるのでは?と、MVNOを諦めていた方に朗報です。それが楽天モバイルです。月に850円を支払う事で『通話開始してから5分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、普通の楽天でんわとかわりなく通話し放題になってしまうのが特徴です。それに比べNifMoは通話無料サービスはあるのですが、肝心の発信者番号通知ができないとゆうケースがあるようです。楽天でんわですと、1分21円の通話料ですから、月に一時間近い通話をしている方にはとても良いオプションですね。

初月は無料に!

SIMの契約を楽天モバイルですると、はじめの1ヶ月はタダで使えます。この最初の1ヶ月というのは、SIMやスマホ本体が届いた月のことです。SIMカードが届いた日によっては、丸々1ヶ月分がタダになるということもあります。ただし、ご利用中の携帯電話会社の解約手数料や違約金との関係もあるので、単に月初まで待った方がいいとは限らないのです。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在お使いになられている携帯電話やスマートフォンの料金と比べて、どれくらい携帯料金が節約できるのか違いを見てみてください。どれだけ安いのか、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

月額プラン

楽天モバイルの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。音声通話SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、ベーシックプラン以外のプランならLTEの高速回線が使えます。このプランでは速さが262.5Mbpsとなります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

楽天モバイルの解約縛りについて

最低利用期間について、説明していきます。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方、音声通話SIMについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。一年以内に解約したい時には、違約金として9,800円が必要になりますのでご留意ください。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

楽天モバイルのキャンペーン!