mineoの実際の速度ってどれくらい? | ユーザーの評判をまとめてみた

回線速度

ここでな、mineoの通信速度についてご説明していきまふ。docomoの回線のプランではLTE回線で最大225Mbps、Aプランでも、AU 4G LTEの最大225Mbpsの回線です。様々なニュースにおいて紹介されている事ですが、混雑時の速度は、大手キャリアの回線の方が通信速度は速いです。常に通信スピードを要求するユーザーならば、キャリア契約期間をされた方がいいとおもいます。月額の使用料金がかなりお得なので、トータルに考えると、mineoなどの格安スマホサービスは利用する価値は高いでしょう。

マイネオ AU回線プラン速度制限

キャリアもMVNOもそうですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。各契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、各プランともに、直近72時間で3GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランにおける3日間制限

mineoのDプランの内容は、その日までの3日間の通信量によっての通信制限はありません。週末に動画を多く閲覧するなど日によって通信量が多くなることが予想される方は、mineoで用意している、AプランよりDプランの方がアドバンテージがあります。いわゆる「3日制限」の心配は不要です。そうした日頃のスマホの使い方を良く検討して、より良いプランを選択されるのがいいと思います。

mineoの特色まとめ

CMなどでも話題のmineoは、docomoとAUの回線を利用した格安スマホサービスのひとつです。docomo・au・ソフトバンク。これら3社からの乗り換えの場合、月々の料金がとてもお安く利用できるお得なスマホサービスです。月額1,310円とかなりお安い金額で利用できるサービスとして話題になっています。マルチキャリアMVNOを国内初で提供しているのが「mineo(マイネオ)」で、キャリアでもトップクラスのdocomoとAUの回線プランを取り揃えています。通話の質も対応エリアもドコモ及びauと同等ですので安心です。前置きはこの辺にして、mineoの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用したMVNO

docomo回線とAU回線の2系統から選ぶ事が出来る、マルチキャリアMVNOでサービスプランをラインナップしているmineo。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、電波の届く範囲であるネットワークエリアもこの2つのキャリアの対応エリアとまったく同じものとなっています。AUかdocomoのスマホをお持ちなら、そのまま利用可能ですから、わざわざ買い換える必要がないというのは便利だといえます。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。もちろん、mineoで販売されている格安スマホを買って使うこともできます。信頼できる大手キャリアの回線を安価で利用できますし、docomo回線とAU回線の好きな方を選んで契約することができます。なお、利用料金がそれぞれ異なるので、その点も比較しながら検討するといいとおもいます。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

mineoの注目ポイントはVoLTE対応プランを用意していることです。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、新技術を用いた新たな通話サービスの事です。今までは、300Hz〜3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。今回のVoLTEにおいては、50Hz〜7kHzまでの音が拾えるようになりました。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。mineoを選ぶにあたり、このVoLTE対応プランがあるというのは、かなり大きなメリットになります。

翌月繰越に対応している

さらに、mineoは、それに加えて使い切れなかった分のデータ量については、次の月へと繰り越せるようになっているため、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、安心感をもって使用できるということは、大きなメリットですね。

mineoスイッチの活用で、データ量節約

mineoスイッチという切り替え機能があるので、その時の必要に応じて通信速度を高速と低速とに自由に切り替えることができます。データ量の節約ができる機能なので、とても便利で使える機能です。電波状況等によっては、Wi-Fiとmineoスイッチを積極的に切り替える事により、さらに安いプランで利用することもできます。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

マイネオ料金と初期費用に関して

格安スマホで今話題のmineoの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、これを読んでわかってもらえたらな。と思っています。では、mineoの料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、今までと変わらずに電話がかけられるので、携帯電話として利用することが多い方は、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの最低利用期間について

mineoの解約縛りと違約金、契約する前に、把握しておいてください。mineoは、2015年より最低利用期間をなくし、解約時に手数料がかからないという点があります。縛り期間が無くて違約金が発生しないので、格安スマホを使いたいと考えていたら、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。ですが契約後1年以内のMNP転出に関しては、12420円の手数料が掛かります。音声SIM契約の場合には、この点気をつけてください。

今月開催中の割引キャンペーン