IIJmioの評価/評判 | 通信速度や料金など

IIJmioの評価

ユーザーからみたIIJmioの素晴らしさといえば、顧客満足度が高いサポートの充実さと、技術の蓄積がある古参MVNO企業である事でしょう。リサーチ企業が行った、顧客満足度調査(格安SIMアワード)においても、お客様に人気があるということが、わかります。ユーザーサポートは電話はもちろんのことオンラインにおいても徹底しており、格安スマホがあまり詳しくない方でも、スムーズに格安スマホ/SIMに移行ができるMVNOと言えます。

速度も速く、サポートもしっかりしているのが、動画視聴にも

IIJmioの口コミや評判からわかるように、安定した通信とサポートの充実が特に目立っています。格安SIMアワードの受賞通り、最高の賞を受賞しています。llJmioをイチオシできる理由はここにあるのです。 そして、知名度も高く信頼性も高い格安スマホとも言えます。利用者の多くが満足度が高いMVNOとして支持しているので、格安で高品質なSIMカードを求める方には、絶対後悔させないと言い切れる自信に任せてください。

みおふぉん月額費用と解約

IIJmioの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、どのくらい通信量がお得になるのかを、ぜひ比べてみてください。ということで、月額プランの詳細を見てみましょう。

みおふぉんの料金プランと初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの2年縛りは?

みおふぉんの解約縛りと解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。IIJmioについては、データSIMの最低利用期間に関する制約はありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。一方、みおふぉんについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金が9,000円も発生してしまうのです。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

IIJmio格安SIMの特色まとめ

株式会社インターネットイニシアティブのMVNOサービス格安SIMと格安スマホのみおふぉんはご存じでしょうか?この株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの先駆けであり、MVNOサービスが開始された当初から使用していた方であれば、bmobileやIIJmioという名のサービスを知っている人も多いでしょう。格安SIMアワード2015顧客満足度調査で、最優秀賞を受賞(総合部門)を受賞したほどの実力を持っています。受賞理由はブランドイメージもさることながら、何より丁寧な顧客サポートが評価されての事でしょうさてさて、IIJmioの料金や解約について、まとめましたので、圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomoエリアで使えるMVNO

IIJmioはdocomoの回線を使用しながら、格安料金のサービスを提供しています。そのためdocomoと全く同じ通話品質を保っており、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。docomoで使用できるスマートフォンを所持している場合はたいてい、その機種をIIJmioでも使う事ができます。もし、docomoのスマホをお持ちでないなら、IIJmioではSIMフリーのスマホとセットでの提供も行っておりますので、そちらを利用することも可能です。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、再び高額なスマホ本体の購入料金を支払う必要もありません。新たなスマホを購入せずに初期費用を抑えられるメリットは、大きいですね。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがIIJmioです。

バースト機能│快適な低速通信

IIJmioの独自機能に、バーストという機能が採用されています。バースト機能にはどのような効果があるのか、解説していきます。低速通信時でも、最初の数秒間を高速通信速度でデータを通信し、WEBページが表示される速度をアップさせる機能なのです。このバースト機能のおかけで容量超過による低速通信時でも、Webサイトの表示速度が遅くなる問題を回避することができ、WEBページを閲覧する際のレスポンスが向上し、ストレスを感じずにネットができますので、ネット利用者にはオススメの機能です。しかし、IIJmioとllJmioのみでしか利用できない機能です。

高速通信容量の翌月くりこし

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、月によってはほんの少ししか利用しないときもあるでしょう。しかしIIJmioを利用していれば、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、この繰越制度は、IIJmioのセールスポイントの一つです。格安スマホでありながら、データの繰り越しもできて素晴らしいサービスです。

ファミリーシェアプランで10枚OK!

一つの契約で利用できるSIMの枚数が更に増えてパワーアップしたIIJmioのファミリーシェアなら、なんと最大で10枚までSIMカードを追加することができます。二世帯家族全員でIIJmioへ乗り換えれば、今の携帯代との価格差は大きくなるでしょう。家族全員が単独で契約した場合の通信費と比較すると、お安く利用できる分、携帯料金の節約ができると思います。ぜひ、家族全員分のトータルで考えてスマホ代の節約を考えてみてはいかがでしょうか。格安スマホということで心配なサポート面も、IIJmioならしっかり対応してくれるので安心です。ファミリーシェアプランにはオプションで「みまもりパック」というものがあり、子どもでも安心して使うことができます。

IIJmioの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、IIJmioは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。通信速度が高速で安定感があるIIJmioは、ネットで公開されている感想などを読んでみても、なかなか高い評価を得ていると感じます。毎月の携帯料金を抑えたい、でもそこそこの通信量は発生する、IIJmioは、おすすめなMVNOと言えるでしょう。

IIJmioでの3日制限

IIJmioは、低速通信を利用していると、直近3日間の通信量によって速度制限がかかってしまうことがあります。高速通信を利用している場合が、3日間の制限は掛かりません。全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。

間もなく締切のキャンペーン詳細